【ワシントン=大野亨恭】翁長雄志知事は14日午前(日本時間14日深夜)、米国防総省のウィンターニッツ東アジア筆頭部長代行、国務省担当者と面談し、名護市辺野古の新基地建設に反対する考えを伝え、沖縄の基地負担軽減を訴えた。 知事によると、米側は米軍の受け入れに謝意を伝えたという。