【宮古島】集落の繁栄や安全、無病息災を祈願する市城辺比嘉の「旧二十日正月祭(パツカショウガツ)」が7日、行われた。地域の男性が三線やホラ貝などを鳴らしながら2頭の獅子舞と共に集落を練り歩き、農業機械や車を購入した家庭の厄払いをした。 旧暦1月20日に執り行う比嘉集落独自の行事。