旧暦1月20日に執り行われる宮古島市城辺比嘉の行事「パツカショウガツ」で、2頭の獅子舞を導く獅子使いを務めた。「同じ城辺でも友利地域は1頭に1人だが、比嘉は1人で2頭もみる。体力的に大変だ」と汗を拭う。 1997年に青年会で引き継いだ後、保存会を結成。父親の後継として、20年余り技を磨いた。