沖縄を舞台に、役者たちの別れを描いた映画「シー・オープニング」(堀内博志監督)が17日から那覇市の桜坂劇場で上映される。 舞台を中心に活動する黒羽麻璃央が主演。和田琢磨や県出身の玉城裕規も出演する。 人気俳優の片桐(和田)が失踪し、舞台が中止になる。