イオンモール沖縄ライカムは2016年元日の午前9時から、専門店を含む125店舗で県内最大級となる1万4800個の福袋を販売する。モール内のイオンスタイルライカムは午前8時から開業、福袋を販売する。

イオンモール沖縄ライカムの福袋販売をPRするイオンモール沖縄ライカム営業担当の木城裕昭氏(左)とイオン琉球管理本部広報担当の喜納優子氏=25日、沖縄タイムス社

 行列が見込まれる店舗は事前入場券の配布も行う。新春イベントとして初日の出を見られるよう1日午前7時から施設の一部を開放、1~3日までは臨時駐車場も設ける。年末年始は那覇市のおもろまちや沖縄成田山、普天満宮と沖縄ライカムを結ぶシャトルバスを運行する。

 25日、沖縄タイムス社を訪問したイオンモール沖縄ライカム営業担当の木城裕昭氏は「買い物を楽しんだ後は無料シャトルバスで初詣も行ける。ぜひ多くの方に楽しんでほしい」と来場を呼び掛けた。