15日に沖縄県うるま市赤道の民家敷地内から逃げた闘犬種ピットブルは16日午後11時半現在、見つかっていない。

民家から逃げたピットブル=県警提供

 県警生活安全企画課によると、逃げた犬はうるま市の自営業男性(30)が飼う生後約10カ月のアメリカン・ピットブルで、体長約130センチで茶色のメス。チェーンの首輪に灰色のリードを付けている。飼い主は自治体への犬の登録申請と狂犬病の予防接種をしていないという。

 県警は、発見した際に近寄らず110番やうるま署、うるま市役所への通報を呼び掛けている。