古書店を営んでいると時に思いがけない貴重な資料が入ってくる事がある。これまで全く知られていない本もあれば、幻の本といわれているものもある。そういうものを右から左に流すだけではもったいないと思うと、復刻して新しい本にしようという欲求が持ち上がる。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。