2018年(平成30年) 4月21日

共同通信 ニュース

カーリング藤沢、山口組など4強 日本混合ダブルス選手権

 カーリングの日本混合ダブルス選手権第4日は17日、青森市のみちぎんドリームスタジアムで行われ、平昌冬季五輪女子銅メダルのLS北見と同五輪男子代表のSC軽井沢クの選手で組む日本協会推薦出場ペアは藤沢、山口組と吉田知、清水組が4強入りし、準決勝で対戦することになった。

 松村・清水組戦で、ショットを決めガッツポーズの藤沢=みちぎんドリームスタジアム

 1次リーグ最終戦で妹背牛協会に敗れた吉田夕(手前)・両角友ペア=みちぎんドリームスタジアム

 松村・清水組戦で、ショットを決めガッツポーズの藤沢=みちぎんドリームスタジアム  1次リーグ最終戦で妹背牛協会に敗れた吉田夕(手前)・両角友ペア=みちぎんドリームスタジアム

 藤沢、山口組は1次リーグA組最終戦に11―3で大勝し、6戦全勝の首位で準決勝に進出。B組の吉田知、清水組はチーム平田を8―2で下して5勝1敗の2位となり、C組2位の妹背牛協会とのプレーオフを9―4で制した。

 同じく五輪代表同士の吉田夕、両角友組は妹背牛協会に7―8で敗れ、C組3位で敗退した。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

共同通信 ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間