沖縄県浦添市西洲と宜野湾市宇地泊を結ぶ臨港道路浦添線と浦添北道路(計約4・5キロ)が18日、開通する。開通により、那覇空港や那覇港、宜野湾コンベンションセンターなどの主要施設へのアクセス向上や、国道58号の渋滞緩和が期待される。一般車両が通行できるのは午後4時から。

開通する臨港道路浦添線と浦添北道路

 臨港道路浦添線は片側2車線で歩道がある。米軍牧港補給地区の西海岸側に並行して通り、歩道から自然海岸やイノー(礁池)が広がるカーミージー周辺の海浜を訪れることができる。

 浦添北道路は片側1車線の自動車専用道路。歩行者や自転車、125cc以下のバイクなどは通行できない。

 両道路の開通に合わせ、県は、国道58号と浦添北道路・臨港道路浦添線の交差点を結ぶ県道浦添西原線(港川道路)の一部、約430メートルを開通する。

 一般車両の通行に先立ち、18日午前11時から臨港道路浦添線と浦添北道路の交差点で開通式典が開かれる。式典には福井照沖縄担当相や翁長雄志知事が出席予定。