【糸満】沖縄県内の年越しそばの定番「沖縄そば」作りがピークを迎えている。糸満市西崎町のサン食品では29日、従業員たちがゆで上げた大量の麺をほぐしたり、仕分けたりとせわしく働いた。

ゆで上がった沖縄そばを扇風機で冷やす従業員=29日、糸満市西崎町・サン食品(長崎健一撮影)

 サン食品の大みそか用のそば出荷量は例年並みの73万食分。県内向けが8割で、2割は県外に出荷するという。31日明け方まで24時間態勢で、アルバイトを含む170人が作業に当たる。

 高良修総務部長は「最も忙しい時期だが、安心・安全を心がけてそば作りに励みたい。多くの人が、縁起物の年越しそばを食べて厄払いして、よい年を迎えてほしい」と話した。