浦添市西洲と宜野湾市宇地泊を結ぶ臨港道路浦添線と浦添北道路(計約4・5キロ)が18日午後4時から開通する。一般車両の通行に先立ち、18日午前、臨港道路浦添線と浦添北道路の交差点で開通式典が開かれた。式典には福井照沖縄担当相や翁長雄志知事などが出席。新道路の開通を祝った。

臨港道路浦添線と浦添北道路の開通を祝い、通り初めをする関係者=18日正午すぎ、浦添市港川

 福井沖縄担当相は、道路開通で、渋滞解消が図れるとし「県民生活をより一層向上させるものと期待している」とあいさつ。翁長知事は、那覇港を拠点とする物流の円滑化や観光地へのアクセス向上につながると期待した。

 臨港道路浦添線は片側2車線で歩道がある。米軍キャンプ・キンザー裏手の浦添市西海岸に並行して通り、歩道から自然海岸やイノーが広がるカーミージー周辺の海浜を訪れることができる。浦添北道路は片側1車線の自動車専用道路。歩行者や自転車、125cc以下のバイクなどは通行できない。