9秒でまるわかり!

  • サッカー女子日本代表はリオ五輪を懸けてアジア最終予選に挑む
  • 来年1月18~26日に石垣島、2月13~19日に中城村で強化合宿を実施
  • 佐々木監督は「暖かくイメージ通り。地元の手助けもいただきたい」

 【石垣】リオデジャネイロ五輪への出場を懸けたアジア最終予選(来年2月29日~、大阪)に臨むサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は来年1月18~26日の9日間、石垣市のサッカーパークあかんまで強化合宿を実施する。なでしこの合宿は県内で初めて。

男子U-22日本代表の練習を視察するなでしこの佐々木監督=石垣市のサッカーパークあかんま

 なでしこはその後、2月13~19日にも中城村ごさまる陸上競技場で強化合宿を行い、アジア最終予選の初戦に臨む予定だ。

 29日、あかんまで合宿中の男子U-22日本代表の練習を視察したなでしこの佐々木則夫監督は「沖縄は暖かくイメージ通り。合宿には地元の学生さんの手助けもいただきたいので、調整していく」とコメント。

 さらに「男子U-22と一緒にリオへ行けるよう頑張りたい。沖縄合宿では選手のコンディションを見て、代表20人をしっかりと決めたい」と力を込めた。