那覇市在住の映像作家で美術家の山城知佳子さんの作品「土の人」(2017年劇場版、26分)がドイツの第64回オーバーハウゼン国際短編映画祭(5月3~8日)で上映されることが17日までに決まった。インターナショナルコンペティション部門にノミネートされた。

山城知佳子さん

 同作品は昨年の「アジアン・アート・アワード」で大賞を受賞し、シンガポールと東京で上映されている。

 同映画祭は短編映画で世界最古の映画祭。映像作品の前衛性や実験性に注目する。インターナショナルコンペティション部門にはこれまでジョージ・ルーカスさんやマーティン・スコセッシさん、ロマン・ポランスキーさんら著名な監督が出品している。今年は全部門で7000を超える応募があった。