人権フォーラムin浦添(主催・浦添市、HIV人権ネットワーク沖縄)が18日、浦添市てだこホールで開かれた。ハンセン病やエイズにまつわる差別や偏見を乗り越え、共に生きることをテーマにした演劇「光りの扉を開けて」が上演され、ハンセン病回復者は「自分を変え、社会を変えてほしい」と訴えた。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。