沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古新基地:「K3」護岸建設進む 資材搬入はなし

2018年3月19日 11:28

 沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸では19日午前、沖縄防衛局による辺野古崎南側の「K3」護岸の建設作業が始まった。ダンプカーで運ばれてきた石材が海に投下されクレーン車が地ならしをしている。50人ほどの海上保安庁職員が警備する中、カヌーに乗って抗議する市民は「工事をやめろ」と訴えた。

「K3」護岸の建設工事が進められている=19日午前、名護市辺野古

 一方、キャンプ・シュワブ内へは午前11時現在、建設資材などの搬入は行われていない。座り込み抗議はこの日は休みで、ゲート前には警備員だけが立っている。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム