翁長雄志知事は19日午前、沖縄県議会2月定例会の本会議で、浦崎唯昭副知事の辞任に伴い、新たな副知事として謝花喜一郎知事公室長を起用する同意人事案を提案した。浦崎氏の任期は3月31日まで。

副知事の人事案に関する質問への答弁を調整する翁長雄志知事(手前左)ら県執行部=19日午前、那覇市泉崎の県議会

 議案の審査は総務企画委員会に付託。委員会審査を経て28日の本会議で採決される予定。県議会は与党多数のため可決の公算が大きい。

 議案に対する質疑では照屋守之氏(沖縄・自民)が「公室長として知事と一緒に(基地問題で)国などを批判する人が副知事になれば、国と県の信頼関係が壊れているのにさらに取り返しが付かなくなるのでは」と疑問視した。

 金城武総務部長は「前県政で企画部長として沖縄21世紀ビジョン策定に関わり、公室長として基地問題に対応するなど政策全般に精通している」との考えを示した。