【金武】金武町議会議長の仲里全孝氏(51)は30日、来年6月予定の県議選に、国頭郡区(定数2)から無所属で立候補する意向を明らかにした。保守系で、翁長県政には野党的立場。

仲里全孝氏

 仲里氏は「米軍基地の整理縮小や、観光客1千万人達成に向けやんばるの観光資源を活用する」と述べた。伊是名-伊平屋間、本部-伊江島間の架橋の早期実現なども政策に挙げた。

 仲里氏は1964年7月、同町伊芸出身。東京測量専門学校卒。2000年の町議選で初当選し、現在4期目。自民党県連金武支部長も務める。