国営諫早湾干拓事業(長崎県)で造られた堤防開門を巡る訴訟の判決で、福岡高裁(西井和徒裁判長)は19日、開門差し止めを命じた昨年4月の長崎地裁判決を不服とした漁業者側の控訴について「資格がなく、認められない」と判断した。漁業者側は最高裁に上告する。

 訴訟では、開門しないよう求めた干拓地の営農者と国が争い、開門派の漁業者側は国の補助参加人として加わった。「開門禁止」を命じた地裁判決を国が受け入れて控訴しなかったため、訴訟に単独で参加する「独立当事者参加」を申し立てていた。(共同通信)