立憲民主など野党6党は19日、文部科学省による前川喜平前事務次官の授業内容の報告要請問題を巡り同省への合同ヒアリングを国会内で行った。地元の自民党衆院議員が、前川氏が名古屋市立中に招かれた経緯などを同省に複数回照会したことの説明を求めたのに対し、文科省担当者は、前川氏が授業で講演したのを把握したきっかけは外部からの問い合わせだったと明らかにした。当初は新聞報道を見て把握したと説明していた。

 前川喜平前事務次官の授業内容の報告要請問題を巡り開かれた、文科省職員(手前)への野党合同ヒアリング=19日午後、国会

 文科省側は「省の判断に影響していないので、誰からの問い合わせだったかは差し控える」と繰り返した。野党側からは「なぜ隠すのか」と非難が相次いだ。(共同通信)