県の謝花喜一郎知事公室長と県議会与党の全議員は16日、県議会で名護市辺野古の新基地建設問題を巡る県民投票について意見を交わした。県は県民投票が翁長雄志知事の埋め立て承認撤回の理由として有効などと意義を説明し、与党3会派はいずれも会派内で議論中と報告した。