年越しそばを振る舞うイベント(主催・那覇市平和通り商店街振興組合)が31日、平和通りの牧志公設市場衣料部前であり、沖縄そばを味わって新年を迎えようと買い物客や観光客らが行列をつくった。

年越しそばを食べる家族=31日、那覇市の平和通り

 平和通りでの年越しそばイベントは毎年恒例で、今回は300食を用意。朝9時ごろから仕込み、三枚肉やかまぼこ入りのそばを100円で提供した。

 中城村から家族計5人で訪れた喜久山琉華るかさん(中城南小5年)と汎海みなみさん(同小2年)の姉妹は、アツアツのそばを食べて「おいしい」とニッコリ。

 琉華さんは「そばを食べて来年も健康な年にしたい。小学校では金管バンド部に所属していて、来年は西日本大会もある。金賞を目指したい」と話した。

 大阪から訪れた高原崇さん(42)は「お正月の買い物ついでに食べた。来年もいい年にしたいです」と、一気にそばを平らげた。