【糸満】14日から始まった市議会3月定例会の一般質問で、糸満市教育委員会の安谷屋幸勇教育長は市立幼稚園、認定こども園の保育室や小中学校の普通教室、特別教室に冷房設備を完備する計画を示した。2018〜22年度の5年間をかけて整備率100%を目指す。費用は約6億4千万円と概算し、国補助も見込んでいる。