膨大な数の写真で被写体の色彩を学習した人工知能(AI)と人々の記憶などを基に、1935年に撮影された沖縄各地の風景や人物に色が付けられた。関係者からは「風景に奥行きを感じる」「特徴がよく現れている」と当時を懐かしむ声や「今の人たちの目を引く」との感想が聞かれた。