県動物愛護管理センターで保護された犬を訓練して新しい家庭に送り出す「成犬譲渡促進事業」の修了式が16日、県内の児童養護施設であった。事業は訓練を通じて施設で過ごす児童の情操教育も兼ねており、児童6人が半年間かけて保護犬2匹を訓練、修了証を受け取った。