県は米軍基地問題など沖縄が抱える課題への理解促進を狙い、2018年度から米国人学生を対象に沖縄をテーマにした論文コンテストを開催する。最優秀賞を含め上位入賞者は副賞として沖縄に招待し、論文発表の機会を設ける考えだ。