【嘉手納】米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機がアンテナを落下させ通報が遅れた問題で、社民党県連の照屋大河委員長らは13日、嘉手納町の沖縄防衛局を訪れ、「米軍全体のたがが緩んでいると言わざるを得ない」と相次ぐ事故に抗議した。再発防止策を公表するまで同基地所属のすべての航空機の飛行停止を求めた。