日台漁業協定対象水域での操業ルールが4年ぶりに見直された。懸案だった八重山北方の三角水域で、日本の操業ルール適用水域を確保したことに県内の漁業関係者からは安堵(あんど)の声が漏れた。