9秒でまるわかり!

  • 世界で唯一となるホホジロザメの展示が美ら海水族館で始まった
  • 飼育が難しく過去に米国で数カ月、島根県で4日間の2例しかない
  • 県内では16体の捕獲例があるが、いずれも移動前後に死んでいた

 【本部】映画「ジョーズ」のモデルになった最も凶暴なサメ、ホホジロザメの展示が5日、本部町の沖縄美ら海水族館で始まった。飼育が難しく、現時点では世界唯一。過去にも米国で数カ月、島根県で4日間の二つの例があるだけだ。

展示が始まったホホジロザメ=6日午後、本部町の沖縄美ら海水族館

 体長約3・5メートルの雄。読谷村漁協の定置網に4日にかかり、5日に水族館に移動した。ホホジロザメは旧水族館を含め41年の歴史で16体の捕獲例があるが、いずれも死んでいたり移動後に死んでしまった。