県は18日までに、県有施設に企業名などを冠する命名権(ネーミングライツ)の導入を促すため、企業などから施設を提案してもらう(施設提案型)新たな募集方法を取り入れ、募集を開始した。 これまでは施設を特定した(施設特定型)募集方法だった。県は新たな自主財源を確保するために、導入を促進している。