サッカーJ3で3シーズン目を迎えるFC琉球は7日、八重瀬町具志頭陸上競技場で午後2時半から今季の初練習を行う。昨季までジュニアユース(U-15)チームの監督だった金鍾成(キム・ジョンソン)氏が新監督に就任。新体制のコーチには沖縄県出身でJ1名古屋などで活躍した喜名哲裕氏と、昨季チームマネージャーを務めた大塚智之氏が就くことも決まった。

喜名哲裕氏

 喜名コーチは琉球のユース(U-18)チームの監督も兼ね、今季はトップとユースが連係してチーム強化を図る方針だ。

 喜名コーチは「FC琉球の一員になれたことを心からうれしく思う。チームの勝利とクラブの発展に貢献できるよう全力を尽くし、まずはJ2昇格に向けてクラブと地域が一体なって目標を達成したい」と球団を通じてコメントした。