前進したとはいえ、沖縄の漁業者の立場からすればまだまだ不十分だ。 日台漁業協定に基づき、2018年度の操業ルールを決める日台漁業委員会が台北市内で開かれた。