保育を必要としている世帯の児童が地域に何人いるのか、という量の見込みを探る「ニーズ調査」。保育園に関しては、各市町村が待機児童ゼロの目標を掲げ、世帯状況と申し込み実績などを照らし合わせている。その上で必要な定員枠の整備計画値を定期的に見直し、施策を練り直している。