【東京】安倍晋三首相は6日の衆院代表質問で、米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古の新基地建設について、「辺野古への移設は米軍の抑止力を維持しながら、同時に普天間の危険性の一刻も早い除去を図るための唯一の解決策であり、その考え方に変わりない」と述べ、政府一体となって工事を推進する考えを強調した。