【浦添】市育英会(会長・松本哲治市長)が本年度から新設した一部給付型の奨学金制度を利用し、保育士を目指す学生2人が2月19日、たばこ卸売業のグシケン商事(具志堅勉社長)を表敬した。同奨学金は、保育士を目指して大学や専門学校に進学する人が対象で、財源は同社の寄付金1千万円を活用している。