7日は五節句の一つ「七草」。スズナ、スズシロ、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ入りのおかゆを食べて、1年の無病息災を願う。

効能の説明とともにセリやナズナなどの詰め合わせが並んだ「春の七草」コーナー=6日午後、那覇市おもろまち・コープあっぷるタウン

 那覇市おもろまちのコープあっぷるタウンでは、三が日明けの4日から「春の七草」コーナーを設けた。パック詰めの七草が並べられたほか、かゆの作り方や由来を紹介。買い物客は正月のくわっちー(ごちそう)続きで疲れた胃腸を癒やそうと、商品を手に取って吟味していた。手軽なフリーズドライや茶漬けなども人気だった。

 同店で6日、七草のパックを購入した浦添市の志田美代子さん(59)は「毎年、七草がゆを食べている。さっぱりしてヘルシーなかゆを食べると体が喜ぶ感じがする」と笑顔で話した。