沖縄タイムス社は19日の取締役会で、新社長に武富和彦常務(56)を昇格させる役員人事を内定した。豊平良孝社長(66)は会長に就く。武富氏、豊平氏がともに代表権を持つ。6月22日の株主総会、取締役会を経て正式に決定する。

 武富氏は「創刊70周年の節目に社長に就任する。非常に重責だが10年、20年先を見据えて新たな収益の柱を考えながら頑張っていきたい」と抱負を語った。

 武富 和彦氏(たけとみ・かずひこ) 1961年生まれ、那覇市出身。84年琉球大学卒業後、沖縄タイムス社に入社。八重山支局長、東京支社編集部、社会部長、政経部長、中部支社長を経て2012年に執行役員編集局長。13年に取締役編集局長となり、16年から現職。

 豊平 良孝氏(とよひら・よしたか) 1951年生まれ、那覇市出身。76年明治学院大学卒業後、沖縄タイムス社に入社。政経部長、編集局次長を経て2006年に取締役となり、文化事業局長、販売局長を歴任。10年から現職。