琉球大学の卒業式・大学院修了式が20日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開かれた。学部生や大学院生ら1745人が新たな一歩を踏み出し、家族や教師が温かく祝福した。

卒業証書を受ける卒業生代表=20日、宜野湾市・沖縄コンベンションセンター

 大城肇学長は「多様性を受け入れ、社会的弱者に手を差し伸べる寛容の精神と創造的英知をもって、経済社会問題に向き合い対処してください」とエールを送った。

 卒業生代表で答辞に立った農学部の石原春菜さんは「壁にぶつかったときは、4年間で培ってきたものを思い出して、一つ一つ越えていきます」と誓った。