「私はライフワークとしている核軍縮問題で忙しい。大変申し訳ないが、普天間移設問題について話す時間はない」 ウィリアム・ペリー元国防長官(1994年〜97年)は2月上旬、県が主催するシンポジウムに参加する可能性について本紙に対し、普天間問題に関わる意思がないことを示唆した。