【本部】本部町の沖縄美ら海水族館で5日から展示されていたホホジロザメが8日午前9時32分、死んだ。原因は調査中。

展示が始まったホホジロザメ=6日午後、本部町の沖縄美ら海水族館

 4日に読谷村漁協の定置網にかかり、5日から同水族館で飼育、展示していた。飼育員によると、同水族館に到着後は安定した泳ぎをみせていたが、8日早朝から状態が急変し、遊泳困難となり水槽底に沈んだという。今後、解剖して死んだ原因や生態解明を探る。

 映画「ジョーズ」のモデルになった最も凶暴なサメで、動き続けなければ生存できないため、輸送や飼育が困難とされている。