県内の放課後児童クラブ(学童クラブ)の運営主体は、保護者会・運営委員会が34%を占め、全国の20・8%に比べ多い。保護者同士がつながり、主体的に運営に関われる良さがあるものの、仕事をしながら、財務や運営を担わなければならず、負担の大きさが課題になっている。