やんばるの春の風物詩として知られる第34回北部芸能祭の実行委員長を3年連続で務めた。今帰仁村勢理客生まれ。豊年祭や祝いの席で歌三線に囲まれて育った。郷土芸能は琉大芸能クラブで本格的に取り組み始め、45年がたった。 今回の芸能祭は子ども三線の部に太鼓を含めて46人が出演。