「辺野古代執行訴訟」の第2回口頭弁論で、福岡高裁那覇支部の多見谷寿郎裁判長は国の訴えが代執行の要件を満たすかについて、国と県側の意見を口頭で求めた。裁判所が主な争点と位置付ける「要件論」への審理に踏み込んだことで、本格的な法律論争が始まった。