【ワシントン、モスクワ共同】トランプ米大統領は20日、ロシアのプーチン大統領と電話会談し、18日の大統領選で勝利したプーチン氏に祝意を示した。トランプ氏は電話会談後、記者団に対し、プーチン氏と「遠すぎない将来」に直接会談し、米ロ軍拡競争問題や北朝鮮情勢などを話し合う意向を示した。

 トランプ米大統領(ゲッティ=共同)、ロシアのプーチン大統領

 英南部で元ロシア情報機関員らが神経剤で襲撃された事件などでロシアへの警戒感が米国でも広がる中、祝意を示したトランプ氏の姿勢を問題視する見方も広がっている。ワシントン・ポスト紙電子版によると、トランプ氏の側近らは祝意を示さないよう忠告していたという。(共同通信)