名護市辺野古の新基地建設をめぐり、米軍キャンプ・シュワブゲート前では9日午前、市民約60人が座り込んで抗議した。機動隊員約110人が強制排除。擁壁のようなコンクリート製の資材を積んだトラックなど約20台が基地内に入った。機動隊による強制排除は3日連続。海上ではスパット台船でボーリング調査が続いた。

座り込みを強制排除する機動隊員にプラカードで抗議する市民=9日午前7時すぎ、名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前