9秒でまるわかり!

  • 沖縄美ら海水族館のホホジロザメが飼育開始から3日で死んだ
  • 7日まで安定。8日に急変、水槽底に沈み、獣医師の処置でも改善せず
  • 同館が解剖して死因を調べ、生態解明に役立てる。標本にして残す

 【本部】世界で唯一、水族館で生体展示されていた本部町の沖縄美ら海水族館の雄のホホジロザメが8日午前9時32分、死んだ。同館は解剖して死因を調べ、生態の解明にも役立てる。飼育日数は3日間だった。

美ら海水族館で飼育されていたホホジロザメ

 4日に読谷村漁協の定置網にかかり、5日から同水族館で飼育、展示していた。同水族館によると、7日までは安定した泳ぎを見せていたが、8日早朝に状態が急変。泳ぎが困難となり水槽底に沈んだため、飼育員と獣医師が処置したが、改善しなかった。

 魚類チームリーダーの野中正法博士は「ホホジロザメを見に来る客もいたので残念だが、これからが大切。彼のためにいろいろと調べて標本に残すのが使命。他のサメとはまったく違うので新しい知見を得られた」と話した。

 死んだ個体は体長約3・5メートル。ホホジロザメは映画「ジョーズ」のモデルになった最も凶暴なサメで、高速で泳ぎ続ける習性があるため、輸送や飼育が困難とされている。