【石垣】石垣市への陸上自衛隊配備計画で建設候補地に近い開南地区は8日夜、臨時総会を開き、同計画の賛否を無記名投票し、「反対」が多数を占めた。

 総会には同地区16世帯の住民らが出席し、世帯代表の投票で反対11、賛成5となり、反対多数となった。

 同計画を巡っては、候補地に近い開南、於茂登、嵩田の3地区が「住民に不安が広がっている」として、防衛省に説明を求める姿勢を示していた。

 於茂登、嵩田は10日に住民から意見を聞き取り、3地区が結論を持ち寄って、今後の対応を協議する。

 開南公民館の川平重治館長は「現時点では開南は反対が多いという段階。国に計画の反対を伝えるかどうかは3集落の意見を持ち寄って決めたい」と述べた。