【ブエノスアイレス共同】ムニューシン米財務長官は20日、トランプ米政権による鉄鋼やアルミニウムの輸入制限について「自由、公正、互恵的な貿易を守るために準備する必要がある。これは保護主義でない」と述べ、正当性を主張した。

 記者会見するムニューシン米財務長官=20日、ブエノスアイレス(共同)

 アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の終了後の記者会見で語った。

 米国が23日に発動に踏み切った場合、欧州連合(EU)などが報復措置を講じる予定だ。

 最終的に何カ国が輸入制限の適用除外となるのかに関しては「大統領が迅速に決定する」と述べるにとどめた。(共同通信)