21日午後3時10分ごろ、長崎県佐世保市大野町の県営住宅で「5階から炎が見える」と近所の男性から110番があった。会社員楠本敏紀さん(29)の部屋約64平方メートルが全焼し、室内にいた子ども3人が病院に搬送された。保育園児の長男(5)が意識不明の重体。小学1年の長女(7)と保育園児の次男(3)はのどにやけどを負ったが、命に別条はないという。

 佐世保署によると、楠本さんは妻と子ども3人の5人暮らし。出火時、両親は不在だった。同署は出火原因を調べる。

 現場はJR佐世保駅の北約5・5キロの住宅街。(共同通信)