【名護】名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では10日午前、新基地建設に反対する市民らが集まり、早朝から座り込み抗議行動を続けた。市民らは「沖縄のどこであろうと基地は造らせない」と声を上げた。

米軍キャンプ・シュワブゲート前で新基地建設に反対し座り込む市民ら=10日、名護市辺野古

 初めて辺野古での抗議に参加した那覇市の公務員女性30は「現場に来ると権力の大きさを感じる。自分たちの世代が動いていかないといけないし、周りの友人たちにも伝えていきたい」と話した。

 海上では、スパット台船や大型作業船に作業員の姿は見えず、作業している様子も確認されなかった。