【名護】辺野古新基地建設現場の深い海底に、地質調査が成立しないほど軟らかい地盤が深さ約40メートル続いていることが、沖縄防衛局の報告書で分かった。「当初想定されていないような特徴的な地形・地質」「非常に緩い・軟らかい」「非常に厚く堆積」との記述がある。地盤工学の専門家も「地盤改良は必須」と指摘。